ビックリ水 w(゚o゚)w の勧め コニろぐ@REX-BOX



ビックリ水 w(゚o゚)w の勧め


今日は、猫ではなく多肉植物の講釈にお付き合いください (人´∀`)

多肉歴としては若輩者ですが・・・
興味を持つとシツコイ私。
毎日、穴が空くほどガン見! (*◎v◎*)

多肉植物とググれば必ず目にするワード、「半日陰」「水は控えめ」。
って言うけど、具体的にどのぐらいよ?というのを
実戦にて摸索。
そしてたくさんの犠牲多肉のお陰で、「西陽ガンガンが好きな子」「毎日お水欲しい子」
もおり、一概に半日陰&水控えめとは限らず、種類によるという結果でした。
まだ少ない経験ですが、ざくっというなら、
艶々ピカピカな子はわりと丈夫で環境の振り幅に対応でき、
お粉が吹いてる子や、産毛ちゃんは、けっこう神経使う、という印象です。
ついでに、「窓がついてるから日照いらず」と言われているハオルチアは、
真夏も陽に当ててましたが全然元気です。

それから、「水をやりすぎると徒長する」「陽に当てないと徒長する」説について、
これもまた、そうとは限らないようです。
逆に陽に当てすぎてても徒長した子もおれば、
黒い鉢または黒い鉢カバーを使用したため温度を吸収しすぎて
と思われる徒長もおりました。
まあただ、今年の夏は異常な猛暑だったことももちろん原因だと思いますが。

そして、多肉植物以外の観葉植物のハイドロカルチャーに浮気していたところ、
多肉も水耕できないものかと思ってしまったわけです(汗)
思ったら行動するB型な私。
弱った子を引っこ抜いて、お水にドーン (ノ゚∀゚)ノ☆
どうせこのままでは枯れてしまうであろう開き直りと、
マザーリーフってお水に浮かべるよなぁ、ということで実験くん。

抜いた苗もカットした枝ももちろんですが、落ちた葉っぱ隊もこんな感じに。

130702_01.jpg

溺れちゃうといけないので(笑)、ヤシ繊維に立てたり
(ぬか床よりゆるいぐらいの保水量)

130702_02.jpg

ハイドロジェルボールで立ててみました。

130715-1.jpg

これは、これで、観賞用として美しいのです。
お水も替えやすいし。

そして5~10日後、

130702_03.jpg

130702_04.jpg

130702_05.jpg

130702_06.jpg

「落ちた葉っぱは乾いた土の上で」が多肉のセオリーですが、
水挿しによって、8割ぐらいの葉っぱ隊から発根&発芽しました。
カットした枝は、斜めに水切りすると尚発根が早くなります。
また、植え替え適期に限らず発根するものもあります。

これを、『ビックリ水 w(゚o゚)w』 と勝手に名付けました(笑)
「枯れちゃった。あーあ、捨てちゃお」という前に、ダメ元で試してみてください。



応援ポチッお願いしまーす
にほんブログ村 猫ブログ コーニッシュレックスへ にほんブログ村 猫ブログ セルカークレックスへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ







コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

リンク