FIFe ショーの仕組み コニろぐ@REX-BOX



FIFe ショーの仕組み

先日のブログに引き続き、またおめでたい知らせがありました♪

ノルウェーのTweegetキャッテリーにお婿に行ったモジモジくんこと
Rex-Box Natural Nine Of TweegetがFIFeのショーにおいて
昨日(5/3)Grand International Championを達成しました!!

FIFeは、CFAやTICAに並ぶ3大愛猫団体で、ヨーロッパが本拠地です。
わがキャッテリーはCFAに所属していますので、
CFAのショーとお遊びでTICAに少々参加したことがあるのみで、
FIFeに関しては全くシステムを知りませんでした。
しかし、コーニッシュレックスはイギリス発祥でもありますし
不思議と薄着の猫は寒い地域、厚着の猫は暑い地域に人気があり、
ヨーロッパだけでコーニッシュのブリーダーは1000件もいるとかいないとか・・・
そして、うちの血統を見初めてくださった欧のブリーダーさんから
オファーを頂くことがあり、欧~北欧にうちの出身ニャンたちがいってます。
欧ではFIFeとTICAが主流のようです。

さて、モジモジが達成したGrand International Champion
とはイカホドのものか、といいますと、
まずCFAでは
  Champion
   ↓
  Grand Champion
   ↓
  Regional Winner
   ↓
  National Winner

とタイトルが昇格していきますが、
FIFeでは、
  Champion
   ↓
  International Champion
   ↓
  Grand International Champion
   ↓
  Europe Winner

という具合です。
モジモジのGrand International Championは
日本でいう「RW」に相当します。

さらに詳しく説明しますと(長くなるので面倒な方は流してください)
------------>8--------------->8-------------->8-----------------
面白いのは、FIFeではジャッジにハンドリングされるリングが
1ショーにつき1リングしかありません。
通常CFAでは6~8リング、TICAにおいては8~12リングが相場です。
審査でもファイナルでもハンドリングされるなると、
CFAでは最大16回もジャッジにこねくり回されることになりますから
猫も疲れちゃいますよね。
その点FIFeのスタイルは猫への負担が少なくて良いですね。
でも、その1リングでコケたら終わりなので微妙ですが。

CFAでは、年齢や不妊手術状況によって
キツン、チャンピオンシップ、プレミアシップ
と分かれていますが、
FIFeでは、キツン、ジュニア、アダルト、アダルトプレミア
と分かれていて、ジュニアというのは大人として戦う前の予選のようなものです。
ちなみに、キツンというのは、CFAやTICAではその固体の成績になりますが、
FIFeではその固体の親猫がブリーダーとして評価されます。

まず、モジモジはFIFeでChampionになるために
同じノータイトルのコーニッシュのオス同士と戦って
1位をもらえると「certificate(証明書)」をもらえます。
そのcertを3つ集めると、Championになれるわけです。
先に言いましたように、1ショーに1リングしかありませんから
チャンピオンになるだけでも、少なくとも3回は
ショーに出る必要があります。
また、その3回も、自分の住むエリアと別の地域へ2回
(モジモジの場合はノルウェーがホームなので、スエーデンとデンマークとか)
出向く条件があります。

International Championになるには、
同じく同じコーニッシュのChampionのオス同士と戦って
certを3つ集めなければなりません。
この時点でストレートにきても6回はショーに出るわけです。

Grand International Championになるには、
同じく同じコーニッシュのInternational Championのオス同士と戦って
certを3つ集めなければなりません。
この時点でストレートにきても9回はショーに出るわけです。

しかし、欧~北欧はコーニッシュが盛んで参加頭数も多い激戦区ですので
ストレートで勝ち続けることはありませんから、
certを9つ集めるには、少なくともその倍ぐらい
参加しなければなりませんし、
国外にも行かなければなりませんのでとてもご苦労なことです。

それから、欧ブリーダーのHPでよく見かける「BIS」という言葉。
これはBest In Showのことですが、
CFAでは、そのショーで獲得点数の高い子のことを指しますが、
FIFeでは、まず1リングしかないそのリングで
優秀な子が呼び戻され並べられます。
ハンドリングしたジャッジ以外の数名のジャッジが
ケージ越しに猫を見て、気に入った子に投票します。
より票を集めた子がBISになります。
------------>8--------------->8-------------->8-----------------

そんなわけで、ヨーロッパではショーのキャンペーンが長丁場。
2歳3歳になっても、パパになっても、
現役のショーキャットだったりしますし、
親子でショーに出ていることも多いんですよ。
モジモジも既にパパですから、彼の子供たちと一緒に
ショーを楽しんでいます。
モジモジは比較的ショーが好きなようで、
ジャッジ台の上では自ら立ちポーズをきめるそうです。

わが家にいたころのモジモジをお楽しみください↓

060817-1.jpg
▲モジモ地蔵

070115-2.JPG
▲日本でもショーに出ました、キツンクラス

070119-1.JPG
▲お転婆がすぎて骨折しました

070407.JPG
▲「Jくん好き♪」

070429-9.JPG
▲「アキちゃんも好き♪」※しかし田村アキジャッジはブルー嫌いで有名(笑)
このショーでCHになってから旅立ったので、CFAとFIFeのダブルタイトル☆

というわけで、この一年、REX-BOX出身ニャンたち
とても活躍しました。



  ■Goop&お手入れ専門店in楽天市場
    ペットのお肌のトラブルや品種毎のグルーミング方法など、お気軽にご相談ください☆
  ■キャッテリーREX-BOXサイト
    コーニッシュレックスとセルカークレックスの画像をたくさんご用意しています♪
  ■REXトラコミュへはこちらから
    ブログ村に「REX」のトラコミュを作りました。 REXであれば猫種不問、
    コーニッシュ、セルカーク、スフィンクス、デボン、ラパーマ、 アメリカンワイヤー、
    ジャーマンレックス・・・などなど楽しいREXネタをお待ちしてます!
    REX飼いさん、REX好きさん、お気軽にご参加ください~
コメント
お久しぶりです!
こんにちは。
HP素敵にリニューアルされましたね♪
また、可愛い子供達の大活躍おめでとうございます。

私の近況は、念願の家の外装が無事に終わり
ただいま、室内の模様替えを頑張っています。
暑い季節になる前に終わらせたいけど・・・できるかな~~(^_^;)

秋には、REX-BOXさんにお会いできるかな~~
お会いできるのを楽しみにしているので
「必ず実現したい!」と願っている婆ちゃんです。
by: Chris520 * 2009/05/05 15:49 * URL [ 編集] | UP↑

RE:FIFe ショーの仕組み
またまた! おめでとうございます!
ジャガモコが家に来てから、今月で1年・・・
まだ1年なので・・・
思えば、初心者には珍しいことだらけ・・・の1年でした。
今日のお話も、溜息の出るような、遠い世界のお話なのですが、
モーコの実家のニャンのお話かと思うと、
ジャガモコって凄いんだなぁ。。。と改めて思っている次第です。
REX-BOXさんのお陰で、ジャガモコと一緒の楽しく幸せな一年でした。
ありがとうございました。
そして・・・おめでとうございました。
これからも、お身体に気をつけて、頑張ってくださいね。
by: mariko-sugita * 2009/05/06 00:57 * URL [ 編集] | UP↑

Re:FIFe ショーの仕組み(05/04)
モジモジくんもおめでとうございます! すごいタイトルなのですね。
ショーも好きな子のようでちょっとうらやましいです(笑) 骨折事件も
ありましたねぇ。とにかく元気でなりよりです。来期もREX-BOXの
子たちが世界で活躍しますように!
by: サミュエル * 2009/05/06 01:21 * URL [ 編集] | UP↑

Re:お久しぶりです!(05/04)
Chris520さん
HP見てくださったんですね、ありがとうございます!
模様替えって、力仕事して大丈夫なんですか?
無理なさらないでくださいね。

横浜ベイのショースケジュールを把握していない副会長σ(^^;)
このところ3胎ぐらいから子猫を残したので、ショーに出ることがあれば
ぜひ見てやってくださいね!
by: REX-BOX * 2009/05/06 03:38 * URL [ 編集] | UP↑

Re:RE:FIFe ショーの仕組み(05/04)
mariko-sugitaさん
いえいえ、うちの猫たちじゃなく、オーナーさんがたがすごいんですよ!
ショーってすごくお金がかかることなので、がっつりショーに出続けると
猫が何匹買えただろう・・・という状態ですからね。
でも、そうしてショーにお金をかけてくださるってことは、
もし猫が病気をしてもケチらず十分な治療費をかけてくださるってことですから
私としてもとても安心で嬉しいです。
marikoさんのこともすっかり猫の世界に引っ張り込んでしまいましたね(笑)
by: REX-BOX * 2009/05/06 04:00 * URL [ 編集] | UP↑

Re[1]:FIFe ショーの仕組み(05/04)
サミュエルさん
懐かしいでしょう、モジモジ。
モジモジや海外に行く子は6ヶ月とか8ヶ月とかまで長くわが家にいるので、
うちで英才教育をして、ある程度ショーに対応できる子になるんですよ。
でも肝心のうちに残る子は放ったらかしにしてしまうので
けっこうマナーが悪いんですよね(笑)
ま、でもオーナーさんたちが喜んでくれればそれでヨシです。
by: REX-BOX * 2009/05/06 04:00 * URL [ 編集] | UP↑

懐かしい!
地蔵姿のモジモジ君、超懐かしい~~!
あのほっこリ顔の子があんな凄いうタイトル
を獲るまでに成長したんですね。
オーナー様共々おめでとうございました!
細い手足にお洒落なポウは今も健在のようですね。
彼の直系が日本に来ることは無いですかねぇ?
by: miyo-puyo * 2009/05/06 10:58 * URL [ 編集] | UP↑

Re:懐かしい!(05/04)
miyo-puyoさん
はい、モジモジの子供たちも立派にショーキャットとして活躍してるそうです。
ショーに出てくれると、その子の安否も確認できるので
実家の親としてはとても安心です。

モジモジからの子供は帰ってきませんが、
スイスに行ったPBの孫が帰ってくることになりそうですよ。
by: REX-BOX * 2009/05/06 21:20 * URL [ 編集] | UP↑

Re:FIFe ショーの仕組み(05/04)
おめでとうございます。REX-BOX大活躍ですね!(拍手)モジ地蔵ちゃんの写真かわいいです。耳がちょこんといい味出していますね。
これからもREX-BOXからの猫ちゃん達の活躍楽しみにしています。
by: きょうこ * 2009/05/08 09:21 * URL [ 編集] | UP↑

Re[1]:FIFe ショーの仕組み(05/04)
きょうこさん
ありがとうございます!
生まれたとき、あんな真横についてる耳が、成長すると
ラビットイヤーになるんだから不思議なもんですよね。
でも、年取るとまた少し下がってくるんですよ。
ドーベルマンの断耳した子みたいに固定すればきれいな耳セットになるのかしら(笑)
by: REX-BOX * 2009/05/08 20:49 * URL [ 編集] | UP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

リンク