コニろぐ@REX-BOX



コーニッシュレックスにはできない技

セルカークレックス、きーぽん、若干生後41日。

080425-1.JPG

↑HDDデッキの上で熟睡。
もうこの時点で、コーニッシュならこんな硬くて冷たいところで寝ません。
顔を見てみましょう。

080425-2.JPG

↑手が!両手が顔のわきに!100%可愛い~
では、上から見てみましょう。

080425-3.JPG

↑タワシではありません。
・・・あれ???

080425-4.JPG

↑ハッ!!!
寄ってみましょう。

080425-5.JPG

↑うつ伏せなのに、足の裏が!
コーニッシュにはできない寝ぞうです。

トツギーノ

携帯の待ち受け作ってみました

080418-17_2.jpg

野良は強い、純血種は弱い

と、よく言われています。これは実際その通りです。
では、純血種を外で飼えば強くなるのか?
屋外の環境で鍛えられて健康になるのか?
それは、なりません。
というのは、野良は、病気になっても誰にも助けてもらえませんから
当然その重度によっては死に到ります。
たくさん死んでもいいように、たくさん何度も産みます、
そして、どんどん弱い子が淘汰されて、結果的に強い子だけが生き残り、
その強い子が交尾、出産して、また弱い子猫が淘汰され・・・
を繰り返し、何十代、何百代と、強い遺伝子だけが受け継がれていくわけです。
ですので、純血種が、にわかに野良になったからといって
強くも健康にもなりません。

純血種には、自然発生種、元々その地域の土着猫というものもいます。
それと野良は同じじゃないのか?と思いますよね。
例えば、ブリティッシュ、アビシニアン、アメショーなど。
しかし、それらも純血種として公認されてからは
人によって保護され、病気になれば治療されます、
また、その品種の特徴を強調する子猫を作出するために
人為的に交配を調整されます。
野良の体格は、ほぼ万国共通、細すぎず太すぎず
手足も長すぎず短すぎず、顔も尖りすぎず潰れすぎず、
それは、野良として生きていくために最適な構造がそれだからです。
それを普通だとするならば、世の純血種は、要は奇形のようなものです。
私たちブリーダーは、その奇形を守り、より奇形を強調するべく
繁殖しているわけです。
純血種は、上げ膳据え膳で守られた上に、
屋外に対応しにくい容姿を持つので、
もうすでに別の生き物、と考える必要さえあります。

ならば、純血種にも、何代か毎に野良と掛け合わせたら
強い遺伝子を受け継ぐ子猫が生まれるのでは?
と考えたくなります。
しかし、野良のほとんどは様々なウイルスのキャリアであり
お腹にも血管にもリンパにも寄生虫がたくさんいます、
彼らはそんなことにも無症状でいられる抗体を持つ子が多いのです。
交代を持たない純血種が、それらに感染するとたちまち発症し
受胎しても死んでしまうでしょう。
交尾や接触に限らず、トイレを共有したり
同じ食器から食べるだけでも感染する病気がたくさんあります。
それどころか、野良には人間にまで感染する菌や虫も持っています。

ブリーダーや獣医さんが「完全室内飼い」「野良猫には触らない」
としつこく言うのはそんなわけなのです。
それでも、残念ながら、半野良状態で飼うかたが多く
「うちの子は近所の野良たちのボスなのよ」
と、得意に話す方が未だに絶えないのが、日本のペット事情です。

快眠セルカーク布団

セルカークレックス純毛100%で保温効果絶大!

080421-1.JPG

猫釣り

パール、自分のシッポを餌に、Jくんを釣る。

080415-1.JPG

コーニッシュレックスは、こういう地味な遊び方をしないので
猫らしいセルカークレックスの行動は、逆に新鮮です。

でも、この後パールは、高さ180cmあるケージの上から
コーニッシュのように頭からピョンと飛び降りることができず、
梯子を降りる要領で、お尻から降りてくるため
Jくんにド突きまくられるのでした。

※初めて訪れていただいた方のために
 上の黒い猫がセルカークレックスです。
 下のひょろ長い猫がコーニッシュレックスです。
 HPでたくさんの写真をご覧いただけます⇒REX-BOX

親ばか

うちのナイトくん。

080330-c2.JPG

ルーシーリューに似てる!

(親バカのたわ言ですので、コメントはお気遣いなく)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

リンク