獣医さん コニろぐ@REX-BOX



受診の心得と獣医さんへの願望

当キャッテリー出身の猫には、巣立つ際に、
今後お世話になる獣医さんに宛てたお手紙
(取り扱い注意書きと、ワクチンや不妊など治療歴)をお持たせしています。
ご親切な病院からは、処置処方の前にキャッテリーにご一報くださったり、
オーナー様から診察中に直接お電話をくださったりすることもあります。

なぜ、そんなことをするようになったかと言うと、

ハードな処置処方による死亡が多い!

実に、うちの出身猫の死因ナンバーワンがそれなのです。
死なずとも、副作用によって要らない病気になってしまうこともあります。

コーニッシュ、セルカークは人為的発生種。
野良ちゃんや原生種のような、強靭な生命力を持ちません。
人間に管理されなければ生きられず、
生きるも死ぬも人間のさじ加減次第で紙一重、ガラス細工な生き物です。
野良ちゃんと同じようにお薬を使われたら
コーニッシュ、セルカークには強すぎて耐えられません。

先月はセルカークのPちゃんが駆虫薬の副作用で亡くなったことを
オーナー様からお知らせがありました。
それは仕方ない。その死を無駄にしないために
このご経験を他の猫さんに活かしてもらえれば幸いです。
しかし、
その獣医さんはオーナー様に、裏付けもないのに、先天性疾患だったと、つまり
元々死ぬ病気だったと説明し、責任逃れをされました。
ブリーダーのせいにするように大学で教わるのですかねぇ?
と思っちゃうほど、
その手の言い訳をなさる獣医さん、多いです。残念ながら。
病院に喰って掛ろうという気も失せるほど、聞き慣れてしまいました。
先生という肩書きの付く人に言われたら、素人さんは信じるしかありませんよね。

今月はセルカークのSちゃんが膀胱炎で受診したにもかかわらず
「膀胱炎の原因は避妊手術ミス」だと、訳の分からないことを言われ
危うく開腹されそうになった、というご報告がありました。
基本、うちの子は不妊手術を済ませてから巣立ちます。
主治医にはうちで生まれた猫約200頭の避妊去勢をお願いしてきましたが
今まで避妊手術のミスなんてありません。
もちろん、避妊手術と膀胱炎が関係ないことぐらい、ド素人でも分かります。
Sちゃんは性格がよく診察台で仰向けになってゴロゴロスリスリ、
おそらくそれを発情だと思われたのでしょう。
避妊手術はわずか1cm以下の切開痕しかないのをご覧になって、
本当に避妊手術をしたのか?と思われた、または
興味本位で開腹して避妊手術の技術を見てみたかった、のか。
何しろ、必要のない開腹なんて迷惑な話ですし
これが人の医療でおこっていたなら恐ろしい犯罪ですよね。
オーナー様を素人だと見下し、適当な口実を並べて、
お腹を剃毛されるところまで行きました。

猫には症例のない有り得ない病気を平然と言い張った病院もありましたし、
頼んでもいない白血病のワクチン接種、
同じく頼んでもいない受診内容と無関係の検査、
それらを完全に信じてしまったオーナー様、
逆に、明らかな病変を無視、などなど過去いろいろ見聞きしました。

オーナー様、いえ、全てのペットの飼い主様、

愛犬愛猫を守るのは、獣医さんではなく飼い主様ご自身です

お願いです、良いカモにならないでください!
きちんと知識を身に着けて、はっきり意見を述べてください。
セカンドオピニオン、サードオピニオンに罹ってください。
どんな検査が必要で、どんな治療が必要であるか、ご自身でお調べになって
病院には何をどこまでやりたいのか、言わなけれなりません。
信頼できる病院を見付けるのはとても良いことですが、
何かあったときに、その先生は責任を取ってくれるのですか?

コーニッシュ、セルカーク、他の人為的発生種は、
野良ちゃんのようにダンボール箱に勝手に産んで勝手に育つものではありません。
24H気を張って、たくさんの出費と手間暇をかけて、やっとの思いで大きく育てます。
その子毎の宿命ではなく、人間のさじ加減で死んでしまうなんて悔しすぎますし、
御縁があったオーナー様がペットロスに陥ってしまうのではないか
動物を飼うことさえ嫌になってしまうのではないか、という心配、
また、オーナー様が獣医さんに影響されて疎遠になってしまったことも過去あり、
何重にも心を痛めます。
もし、その子が生まれていなかったら誰も傷つかなかったのに、と
後悔さえします。
ブリーダー歴を積むほど、当然、生まれた数だけ死の報告も受けることになります。
どうか、それが大往生であって欲しい(と考えるだけで涙が出ます)と同時に、
今後もそんな目に遭うかもしれないという恐怖で
繁殖もとても悩んでしまいます。

人為的発生種は、もはや一般的な猫とは別の種類であることを
ご理解いただき、その上でくれぐれも注意深く処置処方をお願いしたい。
それから、うちの出身の子に関しては、
お持たせしたお手紙を必ず読んで頂きたい、とても大事なことを書いています。
オーナー様は、口がきけない犬猫に代わって意見を言い、
獣医さんは、科学者や商売人である前に
ペットとご家族の幸せを第一に考えてください。
それさえお願いできるなら、悪徳ブリーダー呼ばわりでも何でも喜んで!・・・orz


    にほんブログ村 猫ブログ コーニッシュレックスへ にほんブログ村 猫ブログ セルカークレックスへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ 

Goop&お手入れ専門店in楽天市場

    ペットのお肌のトラブルや品種毎のグルーミング方法など、お気軽にご相談ください☆

キャッテリーREX-BOXサイト

    コーニッシュレックスとセルカークレックスの画像をたくさんご用意しています♪

REXトラコミュへはこちらから

    REX飼いさん、REX好きさん、お気軽にご参加ください~

新ワクチン メリアル ピュアバックスRCP

メリアルジャパン株式会社から、新しい3種混合ワクチン「ピュアバックスRCP」ができました。
魅力的なのは、カリシ(FCV)が2価入っていることと、
ヘルペス(FVR)と白血球減少症(FPLV)に関しては乾燥生ワクチン
カリシは不活化ですがアジュバントが使われてない!ところにあります。
つまり生と不活化を組み合わせた斬新なワクチンであり、
アジュバント不使用でワクチン肉腫に配慮されています。
また、カリシ2価ということで抗原域が広がりました。
ご興味のある方は罹りつけの獣医さんへお問い合わせください。
でもきっとまだ高いんだろうなぁ・・・
早くジェネリックが出るといいですねぇ。



  ■Goop&お手入れ専門店in楽天市場
    ペットのお肌のトラブルや品種毎のグルーミング方法など、お気軽にご相談ください☆
  ■キャッテリーREX-BOXサイト
    コーニッシュレックスとセルカークレックスの画像をたくさんご用意しています♪
  ■REXトラコミュへはこちらから
    ブログ村に「REX」のトラコミュを作りました。 REXであれば猫種不問、
    コーニッシュ、セルカーク、スフィンクス、デボン、ラパーマ、 アメリカンワイヤー、
    ジャーマンレックス・・・などなど楽しいREXネタをお待ちしてます!
    REX飼いさん、REX好きさん、お気軽にご参加ください~

ごめんね。野獣。

11月に6歳になったばかりのまだまだ若いコーニッシュ×アメショーのハーフ
楽天ショップ「4U'rキティーズRex-Box」の看板猫を務める野獣くんが、
まもなくこの世を去ろうとしています。

病名はFIP(猫伝染性腹膜炎コロナウィルス腸炎)、
これが発祥すると、もう延命治療のみで快復することはありません。
とても謎の多い病気です。

私はこの病気で猫を亡くすのは野獣で2度目になります。
1匹目は、私にとって初めてのコーニッシュレックスの男の子、ギャオくんでした。
ギャオくんは生後7ヵ月でわが家に来て、わが家に1ヶ月間も居ることなく
直ぐに逝ってしまいました。
ギャオくんはウェットタイプといって腹水が溜まる症状でした。
元々おとなしい性格だったからか、全く具合の悪そうなそぶりがなく、
部屋のあちこちにお漏らしをしたのでケージに入れたところ、
その翌日に亡くなってしまいました。
危篤の状態で獣医さんに行って、初めてFIPと知り、
お漏らしだと思っていたそれは腹水だったことが分かりました。

野獣はギャオくんと同じキャッテリーで生まれた子で
ギャオくんとも親戚に当たりますので、
わが家に迎えるに当たってFIPの抗体検査を受けました。
この検査というのも、判断材料にするにはとても頼りないものなのです。
猫白血病や猫エイズははっきりと陽性・陰性と判断できます、
しかしFIPは、まぁ抗体価ですから「0」という数値は有り得ず
また体調やストレスで常に変動する物です。
さらに、「コロナウィルス」にはいくつかの種類があり
抗体が高いからといって、それがFIPを発祥させるコロナかどうかは
見分けられないのです。
ちなみに、一般的には、FIP抗体検査の結果が
  100~200は陰性と見なされる
  400~800は気にしなくて良い程度
  1600~3200は繁殖はやめておいた方が良い
  6400~注意が必要
という感じでしょうか。
抗体の調べ方は、まず血清中に抗体が見つかるかどうか、
見つかったら倍に薄めてまた見つかるかどうか、
また見つかったら倍に薄めてまた見つかるかどうか・・・と繰り返しますので
結果の値が100、200、400、800、1600、3200、6400、12800・・・倍倍に増えます。
そして、野獣がわが家に来たときの値は800でした。

もちろん野獣は雑種ですから、繁殖のためにわが家に来たのではありません。
生後4ヵ月ごろに去勢手術を受けて、ペットとしてわが家におりました。
ただ、幸か不幸か私はブリーダー、わが家はキャッテリー、
常時たくさんの猫がおり、猫の入れ替わりも激しい環境です。
今年の夏からは、ヒマラヤンのヒマコ、エキゾチックの虫ちゃん、
コーニッシュレックスのレオとカルメンが増え、
野獣にとってはストレスだったのかもしれません。
特にカルメンはなぜか野獣にしつこく攻撃しました。
また、虫ちゃんがお土産に持ってきた虫(コクシジウム)は
連帯責任で全員が薬を飲みました。
それも野獣の肝臓に負担をかけたのかもしれません。
ですので、もし一般のご家庭で穏やかに飼われていたら
もっと長生きできたのかもしれません。
実際に野獣は4兄弟で生まれ、兄弟たちは皆元気だと聞きます。
ごめんね、野獣。

野獣が痩せてきたことに気付いたのが約2週間前でしょうか。
その時点では全くFIPの可能性など疑いもせず、
腎臓肝臓の検査をして、流動食とときどき輸液をするぐらいでした。
が、そこからの弱り具合の速さで
もう10年も忘れていたFIPの存在を思い出しました。
こうなってからFIPの抗体を測っても結果が出るのは1週間後、
それまで野獣がもつとは思えませんが検査を依頼しました。
でも、抗体価を見るまでもなく、肝臓の数値から
ウィルス性の疾患が考えられ、また腹水はないものの症状を見る限り
これはギャオくんに見たFIPの最後に間違いないようです。

FIPは、コロナウィルスの生命力が極めて弱く空気感染はせず、
主に遺伝や体液感染で染つります。
染つらないとはいえ、野獣は他の猫たちとは隔離して療養中です。

不思議なことに、前のギャオくんは、
ギャオくんのお嫁さんが来る前日に亡くなりました。
野獣は、今月20日と30日に出産予定があることを知っているかのように、
まるでお母さんの手を煩わせちゃいけない、と思っているかのように、
静かにお迎えが来るのを待っています。
そして、私ではなく、ある1点を見つめて鳴きます。
きっとギャオくんやボーボーくんが、もうそこにお迎えにきているのでしょう。

今まで看板猫として皆さんに可愛がって頂き、
またキャッテリーを訪れていただいた皆さんにも遊んで頂いたり
大変お世話になりました。
野獣はまもなく虹の橋を渡ります。



  ■Goop&お手入れ専門店in楽天市場
    ペットのお肌のトラブルや品種毎のグルーミング方法など、お気軽にご相談ください☆
  ■キャッテリーREX-BOXサイト
    コーニッシュレックスとセルカークレックスの画像をたくさんご用意しています♪
  ■REXトラコミュへはこちらから
    ブログ村に「REX」のトラコミュを作りました。 REXであれば猫種不問、
    コーニッシュ、セルカーク、スフィンクス、デボン、ラパーマ、 アメリカンワイヤー、
    ジャーマンレックス・・・などなど楽しいREXネタをお待ちしてます!
    REX飼いさん、REX好きさん、お気軽にご参加ください~

おかま&おなべ

なめネロフクの不妊手術に行ってきました。

いつも麻酔は、男の子は吸入、女の子は注射でしたが
今日は全員、吸入麻酔でした。
吸入は効くのが早くてコロっと行く・・・予定なのですが、
コーニッシュは顔が細いうえに、女の子は小顔なので
マスクのフィット感が悪くて漏れるのかな?なかなか寝てくれませんでした。
でもなんとか寝てしまえば、まな板の鯉状態で
サクサクっと終了。

今回も女の子の傷口7mm、鮮やか♪
きっと先生は、もし女性にお生まれになっていたら
サミュエルさんタイプに違いない(笑)

さて、手術が済んで、いつもの注射の麻酔だと
少しずつ覚めていくのですが、
吸入の場合はマスクをカポっと外すと「ビョーーーン!!!!!」と跳び起き
空をカキカキカキカキ、看護師さんの手に絡まり、大パニック☆
ネロはあまりのパニックに、ウンチをちびってしまいました(笑)

にほんブログ村 猫ブログへ←【ブログ村の猫ブログ】に参加しています

マイクロチップ

5匹で獣医さんに行ってきました。
不妊手術のウニ・モーコ・モモ兄弟、マイクロチップのHal、
ワクチンを口実にヒヤカシについて行ったラッシー改めイタズラ2号。
みんな初のお出かけにもかかわらず、ハイテンション。
かなり混んでいたので、待合で待たずに車の中で皆を放していたので
1時間以上たっぷり遊びました。
遊び疲れたせいか、麻酔が効く効く、
メスは打って15秒で落ちました!オスは吸入麻酔。

最後の順番になったのが、Halくんのマイクロチップ。
Halはスランス~スイスの旅に出るために固体識別番号が必要なのです。
それにしても、マイクロチップって昔からあまり進歩がなく
専用のリーダーで埋めたチップの数字15桁を読み取るだけなんです。
検温機能のついた物もあるらしいのですが
あまり必要な気がしませんね、
GPSぐらいになったら便利ですけどね。
その、ただ数字15桁という情報しか入っていないチップのくせに
大そうな大きさなので、子猫にはちょっと可哀想。
爪楊枝より太い針で刺して、その針の中をチップが通って
肩甲の間に埋めるわけです。
注射針の比にならないので、麻酔を使いますし
傷跡も残ります↓

PICT0022.JPG

皮膚の薄い子は裂けてしまうこともあり、1針縫う場合もあります。
Halは、ついでに3種ワクチンと、狂犬病ワクチンを受け
今日はあっちこっちブスブスと刺されました。

帰宅して、さすがに開腹した女の子達は少々ナーバスですが、
Halと2号はイジケル様子もなく
むしろお出かけの興奮冷め止まず、遊びまくりです、
知恵熱でも出さなきゃいいのですが(笑)

P.S.
隣でブレているのは、セルカークレックスのどすこいくん。
常に抱っこの甘えん坊どすこいくんを、近々ここで御紹介します。

女王ハニカム

アメリカから来た万年発情女ハニカムも
3/27で7歳になります。
先日、不妊手術を受けまして、これから隠居生活。
以前発情中は、とっても神経質だったハニちゃん、
不妊手術をしたとたん、急に丸くなりました。

ジャガの子猫がハニちゃんにしつこくチョッカイを出し
今までだったら
「シーーーーャャャーーーー!!!」(パンチ連打)
だったはずなのに・・・
こんなハニちゃん、想像もしませんでした。
時にはオッパイもあげたりして。
嬉しいやら、ちょっと寂しくもあります。
PICT0002.JPG

プロフィール

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

リンク