多肉植物 栽培記 コニろぐ@REX-BOX



「アロエ・金のなる木」専用土??(・ω・`*)

アイリスオーヤマのゴールデン粒状培養土って、
存在は知ってたけど使ったことがなかったのです。
なんか....猫のトイレ砂みたいなペレットなので (笑)

でも今回買ってみようと思ったのは、
「サボテン・多肉用」はどこのメーカーにもありがちですが、
「アロエ・金のなる木用」って商品があることを知り気になっちゃいました。

140118-01.jpg

アロエと金のなる木だけ別扱いってどーゆーこと?
多肉の土じゃいかんの?

で、両方買って比較してみました。

【左】アロエ・花月、【右】サボ・多肉

140118-02.jpg

140118-03.jpg

やっぱり猫砂みたい (;゚∀゚)=3

見た感じ、アロエ・花月はペレットお多め、サボ・多肉は軽石多めですね。
粒状といってもけっこう砂も多いです。
原材料名にはいずれも「粒状培養土」「軽石」としか書かれておらず、
その粒状の成分は何?そこが知りたいのに!って感じですよね。
アロエ・花月のパッケージ表側には「緩効性肥料入り」とあります。
はて、何がどうアロエ・花月に特化した内容なのか分かりません。

では、さっそく花月の株分けに使用してみましょう。

140118-04.jpg

寄って見ると、

140118-05.jpg

やっぱり、やっぱり猫砂みたい (;゚∀゚)=3
それと、けっこう粉立ちがあるので葉っぱが真っ白に..(汗)
そ~っと作業しないと煙いです。

ついでに、花月用ってことは、似たようなクラッスラなら良いんじゃない?と思い、
ゴーラムにも使ってみました。

1389979335859.jpg


一方のサボ・多肉用も、チビちゃんたち寄せ寄せしてみました。

140118-06.jpg

やっぱりこちらも真っ白に (笑)
ここまで粗い粒だと、大人にはいいけど、チビちゃんには粗すぎるような気もしますね。

それぞれ成長の様子を見て、さすがアイリス!と思うようなことがあればまた投稿します (笑)


さて、10月2日生まれのコーニッシュレックスの子猫たちは
3ヶ月半齢になり、スクスク成長中。

141010.jpg

子猫のお問い合わせは、ホームページの専用フォームをご利用ください。



応援ポチッお願いしまーす
にほんブログ村 猫ブログ コーニッシュレックスへ にほんブログ村 猫ブログ セルカークレックスへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ






グラパラリーフその後 φ(´ω`*)

天高く肉肥ゆる秋。
いえいえ、もう冬ですが f(^_^;)


今日は、先月投稿した 『食べれる多肉植物グラパラリーフ (^ω^人)』 の
葉挿し後の近況です。

ほらほら、ポくなってきました!

131219-06.jpg

いくつか芽が出てない葉っぱが見えますが、
うっかり犬猫にカジられちゃったんです。
発芽率は100%でした。

131219-07.jpg

グラパラリーフ(食用)として購入した葉でしたが、
もう今は糖度のベタベタ感触はなくなって、
気温とともに紅葉も始まったので、朧月っぽくなってきました。
大きくなったら、またベタベタするのかしら?

全部で3鉢あります。
今、ロゼットの直径は平均2cmぐらい。
やっぱり大きな葉から出た芽は成長が早いんですね、
同じグラプトペタルム属のブロンズ姫も同時期に葉取りしましたが
まだまだこんなチビちゃんです。

131219-04.jpg

購入した葉は6cmぐらい、ってことは、12cmのロゼットだったことになります。
観葉でそんな大きな朧月はまだ見たことがありません・・・
食用は何か特別な育て方をするのかしら?
野菜用の肥料とか?

まあ、素人の趣味の範囲でボチボチ頑張ります。
近い将来、うちのトカゲちゃんたちのご飯になったらいいなぁ~(*´∀`*)



応援ポチッお願いしまーす
にほんブログ村 猫ブログ コーニッシュレックスへ にほんブログ村 猫ブログ セルカークレックスへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ






食べれる多肉植物グラパラリーフ (^ω^人)


ここ1~2年、TVや雑誌で見聞きするようになったグラパラリーフ。
栄養価が高くて、リンゴのような味、と言われてます。

園芸品種としての名前は『朧月』、
学名は『パラグアイエンセ』ベンケイソウ科グラプトペタルム属。
朧月画像でググると正体はこんな様子

今回は朧月の苗ではなく、食品として売っているグラパラリーフの葉を購入。
食べてみてマズかったら葉挿しで育てて観葉にすればいっか☆

葉の手触りは、ほんのりベタつく、これは糖度だ!

で、食べてみた・・・・
んん~~~~・・・・ウマからずマズからず。
何に近いかと言えばやっぱりリンゴなのかもしれない、
しかし、リンゴ感覚で食べたいとは思わない、
良薬口にスッパし???(´Д`;)

うちの草食トカゲにも与えてみた。
食べない。見向きもしない。
無理やり口に入れてみた。
トカゲもビックリな酸っぱさ (((゚Д゚)))
似たような生息地だから好きかと思ったけどダメか、残念。

ということで、数枚のみ消費して、残りの40枚以上を葉挿し要員に。


 数 日 後
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


131112-03.jpg

発芽!!

しかも、

131112-02.jpg

全部。

傷のある葉からも、100%発芽。

131112-01.jpg

こんなにあるの Σ(ll゚Д゚ll)

植えてやろうにも、こんなに鉢がない!
買いに行かなきゃ。
この誤算、微妙... orz

3頭出てる葉もいるんですよ。
さすが大きな葉(約6cm)は体力温存してるんでしょうね。
少し育ったら里子に出そうと思います。(配給?)

そういえば、『唐印/デザートローズ』ベンケイソウ科カランコエ属も
手触りベタベタだったし、蟻ん子も集ってたってことは
グラパラより美味しいのかも???



応援ポチッお願いしまーす
にほんブログ村 猫ブログ コーニッシュレックスへ にほんブログ村 猫ブログ セルカークレックスへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ






ビックリ水 w(゚o゚)w の勧め


今日は、猫ではなく多肉植物の講釈にお付き合いください (人´∀`)

多肉歴としては若輩者ですが・・・
興味を持つとシツコイ私。
毎日、穴が空くほどガン見! (*◎v◎*)

多肉植物とググれば必ず目にするワード、「半日陰」「水は控えめ」。
って言うけど、具体的にどのぐらいよ?というのを
実戦にて摸索。
そしてたくさんの犠牲多肉のお陰で、「西陽ガンガンが好きな子」「毎日お水欲しい子」
もおり、一概に半日陰&水控えめとは限らず、種類によるという結果でした。
まだ少ない経験ですが、ざくっというなら、
艶々ピカピカな子はわりと丈夫で環境の振り幅に対応でき、
お粉が吹いてる子や、産毛ちゃんは、けっこう神経使う、という印象です。
ついでに、「窓がついてるから日照いらず」と言われているハオルチアは、
真夏も陽に当ててましたが全然元気です。

それから、「水をやりすぎると徒長する」「陽に当てないと徒長する」説について、
これもまた、そうとは限らないようです。
逆に陽に当てすぎてても徒長した子もおれば、
黒い鉢または黒い鉢カバーを使用したため温度を吸収しすぎて
と思われる徒長もおりました。
まあただ、今年の夏は異常な猛暑だったことももちろん原因だと思いますが。

そして、多肉植物以外の観葉植物のハイドロカルチャーに浮気していたところ、
多肉も水耕できないものかと思ってしまったわけです(汗)
思ったら行動するB型な私。
弱った子を引っこ抜いて、お水にドーン (ノ゚∀゚)ノ☆
どうせこのままでは枯れてしまうであろう開き直りと、
マザーリーフってお水に浮かべるよなぁ、ということで実験くん。

抜いた苗もカットした枝ももちろんですが、落ちた葉っぱ隊もこんな感じに。

130702_01.jpg

溺れちゃうといけないので(笑)、ヤシ繊維に立てたり
(ぬか床よりゆるいぐらいの保水量)

130702_02.jpg

ハイドロジェルボールで立ててみました。

130715-1.jpg

これは、これで、観賞用として美しいのです。
お水も替えやすいし。

そして5~10日後、

130702_03.jpg

130702_04.jpg

130702_05.jpg

130702_06.jpg

「落ちた葉っぱは乾いた土の上で」が多肉のセオリーですが、
水挿しによって、8割ぐらいの葉っぱ隊から発根&発芽しました。
カットした枝は、斜めに水切りすると尚発根が早くなります。
また、植え替え適期に限らず発根するものもあります。

これを、『ビックリ水 w(゚o゚)w』 と勝手に名付けました(笑)
「枯れちゃった。あーあ、捨てちゃお」という前に、ダメ元で試してみてください。



応援ポチッお願いしまーす
にほんブログ村 猫ブログ コーニッシュレックスへ にほんブログ村 猫ブログ セルカークレックスへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ







プロフィール

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

リンク